コラム

音楽療法とは

木村久美子

音楽療法をご存知ですか?
音楽は楽しいものです。
しかし、音楽が人間の心や身体にあたえる効果もたくさんあります。
その音楽の効果を最大限に活用する技術こそが音楽療法です。

音楽療法の定義

音楽療法の不変性

音楽(音)は、古代から人類の生活において、水や空気のように必要不可欠なものでした。
その様態は時代とともに変化し、求める人々の目的や効果も多様化しています。
音楽の多様化・変化に伴い、音楽療法の定義も一定ではなく時代の影響を受けています。
しかし、時代がどのように変化しようとも、人間性や愛など、人間の本質に関わることは不変性を持つのが音楽療法です。

音楽の持つ生理的・心理的・社会的働きを応用し、心身の障がいの軽減回復・昨日の維持改善・生活の質の向上・問題となる行動の変容等の目的のもと、意図的・計画的に行われる治療技術である。

日本音楽方法学会

音楽療法は、音楽の持つ生理的、身体的、心理的、社会的、霊的、または、哲学的な働きを利用して、心身の健康の維持・促進・回復・改善を援助するものである。
それは、生命の質を高め、自己表現するために個々の能力と要求を見つけることから始まる。

心にとどく高齢者の音楽療法

感動体験から始まる音楽療法

音楽機能の活用

既成曲、即興曲などの音楽を提供し、音楽の楽しさを十二分に使って、感動体験を引き起こします。
この際、対象者の症状やニーズ、段階に応じた音楽経験という技法を用います。

自発性の醸成

音楽はいつも楽しむ人が中心です。
対象者の自発性が高まるように援助いたします。

目標の設定

音楽と音楽療法の違いは、楽しむだけではないところです。
対象者のゴールを見定め、音楽を用いることでゴールの達成を目指します。

行動変容

音楽療法は、きっかけになります。
日常生活の要所要所で行動の変容が出てきます。
積極性を持つことができたり、集中力を持つ。
また、スタミナがつく、コミュニケーションを楽しむなど対象者によって様々です。

効果測定

音楽療法はやりっぱなしになってはいけません。
設定した目標から、一定の期間を定めて効果測定を行います。
次のステージで、何の達成を目指すことができるか。
うまくいかなかった場合は、何に課題があったのか。
『計画→実行→効果測定→改善→次の計画』のサイクルでより豊かな日常をご提案いたします。

【外出自粛に対応】ご相談の受付

コロナの影響で自宅にいる機会が多くなっています。
国民の多くが在宅勤務やいつもと異なる世の中に対応していっていることと思います。
しかし、障がいをお持ちのお子様や、在宅機会の多い障がいをお持ちの方は、いかがでしょうか。
いつにない社会の変化を敏感に察知し、不安になっている方も多くなっています。
障がいのある方は、私たち以上に変化の適応に慣れていません。
体調、気持ち、行動、コミュニケーション、ライフサイクルの様々なところに変化がでているはずです。
在宅でのお過ごし方や、寄り添い方、自宅でできることなど様々な相談がありましたら是非ともご相談ください。
力を合わせてこの危機を乗り越えましょう!!

WoodVillage 代表 木村久美子

お問い合わせ